04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.01.31 (Tue)

剪定のお仕事

えー・・・今更ながら本年もどうぞよろしくお願いいたします。
あっという間に1月も終わりですな。外塚です。

今年は例年以上に低温で農産物の生育に影響が出始めています。
それぞれの農家から悲鳴に近い話をよく聞きます。


自分は梨やブドウなので、冬の時期は剪定(せんてい)という作業をしています。
果樹の分野では毎年新しい枝がにょきにょき生えてきます。
昨年実がなった枝は生産性が落ちたり、場合によっては枯れてしまっているモノがあるんです。
そういったものを枝の元から切ったり、枝の途中まで切り戻すのが剪定作業です。
いうなれば『世代交代』ですな。

品目にもよりますが枝の形状は1つとして同じものはありません。
いかに枝を切り詰め、配置するかで今年の収穫の50%以上がここで決められてしまうので
経験がモノを言う世界なんです。

たまに樹全体を見ていると、世代交代が上手くいっている樹は生産性を維持していますが、古くなった
枝が多い樹は品質・生産性も良くないですね。
どこぞの○会議員と同じです(キッパリ!)

おもしろい事に梨の場合は、古枝を切ると翌年同じ場所から新しい枝が少しずつ生えてきますので
2世かぁ・・・と考えてしまいます。


ま、今はこんな事やってます。
スポンサーサイト
20:33  |  お知らせ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cultivatex.blog121.fc2.com/tb.php/306-876d2fb4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。